2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« くるみのタルトレット | トップページ | BBQ »

自然治癒力

2004年の番組の再放送のようだけど、
さっきNHKで感染症の特集やってて。

撲滅されると思っていた結核感染者が
日本では2000年を機に増えてきているなど、
なくなりそうだった感染症が
世界中でまた猛威を振いだしているとのこと。

その理由は「耐性菌」

感染症の細菌に抗生物質で戦ってきた結果
最近は抗生物質に対して耐性を持ったのだそう。

菌だって進化してるのだ。

そしてどの抗生物質も効かない菌が登場している。

それでは人間はどうしたらいいのかっていうと
もう菌と戦うのはやめて、菌と共存するしかない、と
東京医科歯科大の名誉教授の
藤田紘一郎先生が言っていた。

人間はそもそも菌が進化してきたわけだし、
体中に体を守ってくれている菌がいる。

しかし抗生物質や食物に含まれる保存料などで
それらの大事な菌まで失っているのだ。

そういうことをやめ、自然治癒力を高めることで
有害な菌に感染しないようにするしかないと。

これを聞いて私は自分の考え方は
あながち間違っていなかった、と確信した。

抗生物質、ステロイド、鎮痛剤、解熱剤などの
対処療法では何も治せない。

人間には本来、病気と闘う力が備わっているハズで
対処療法を繰り返すうちにその力は弱まる。

先日書いた洗剤の件で
「だって石けんだけじゃ除菌できないでしょ?」
というママの意見がやはりあった。

でも石けんでキレイに汚れを落とし、
日光に当てれば殺菌は十分で、
逆に除菌を謳っている洗剤に含まれている
界面活性剤によって違う菌が繁殖することもあるそう。

また、すべての菌を排除するあまり、
菌に対する抵抗力がつかず
皮膚トラブルを起こしやすくなる可能性もある。

洗剤の話も、感染症の話と繋がっている。

何でも自然が一番なんだな・・・

ちなみにこの藤田先生の考え方にはとても共感できるし、
なんだかとってもおもしろい。

ここにインタビューが載っているのでお暇なときにどぞ。
http://www.mizu.gr.jp/people/ppl_28a.html

あと最近ちょっと気になっているのが
野菜の無肥料自然栽培。

指定農薬だけは使わないという有機栽培と違い、
肥料すらやらない本当に本当の自然栽培らしい。

詳細は私もまだ全然わからないので
また色々わかったらUPします。

« くるみのタルトレット | トップページ | BBQ »

LOHAS」カテゴリの記事

コメント

おもしろい内容だね!(今から先生の言う生活を営む勇気はないけどcoldsweats01

要するに、人間も自然の一部であり、そこから離れては生きられないということか…(私の大好きなナウシカの台詞confident

化学療法は「根本的な解決にはならない」と肝に銘じておいた方がよさそうね…wink

無肥料栽培のことも、導入や運用面で色々難しそうだけど、興味深いわ~eye

>こうちゃんママ

ナウシカって今年のジブリ映画でもいいぐらいの内容だよね。
人間だって地球に住まわしてもらってるんだから
自然界と仲良くしていかないといけないのよね。

助産院仲間がNICOって無肥料栽培をやっている
農業グループに入ってて小冊子をもらったんだ。
今度見せるね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17980/41990959

この記事へのトラックバック一覧です: 自然治癒力:

» ステロイド [ステロイド]
ステロイド [続きを読む]

« くるみのタルトレット | トップページ | BBQ »