2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回の英語イベント | トップページ | お花見 »

嘔吐下痢

はるか復活しました。
今回の闘病生活についてまとめます。

19日(水)に3度ほど嘔吐。
奇応丸4粒服用。食欲なし。

20日(木)発熱。ぐったり。
嘔吐は落ち着き、食欲も出たものの、昼、夕と下痢。
3食後にミヤリサンアイジを服用。

21日(金)ややぐったり。
午後から解熱。朝、夕と下痢。
3食後にミヤリサンアイジを服用。
夕方から動き回れるくらい回復。

22日(土)機嫌悪。
朝、夕と下痢。
3食後にミヤリサンアイジ。

23日(日)機嫌悪。
夕方に下痢大爆発2回。
朝食後、就寝前にミヤリサンアイジ。

24日(月)やや元気。
3食後にミヤリサンアイジ。
お通じなし。おや?

25日(火)元気。
3食後にミヤリサンアイジ。
お通じなし。

26日(水)元気。
3食後にミヤリサンアイジ。
夕食後に柔らかめのお通じ。そろそろ復活。

27日(木)かなり元気。
3食後にミヤリサンアイジ。
夕食後に固めのお通じ!完全復活!

というわけで病院には結局行きませんでした。

ちなみにダも25日午後から発症。

ミヤリサンU、五行草茶、勝湿顆粒を服用。
通常よりキヨーレオピンは服用しています。

28日0時の時点で嘔吐下痢は終焉。
あとは関節痛や全身倦怠感があるらしい。

「行くのがしんどい!」との理由から
やはり病院には行ってません。

本人は「ロタだ!」と言っています。

私は今のところ平気です。
予防のためはるか発症時より、
ミヤリサンUとキヨーレオピンを服用しています。

念のため五行草茶と勝湿顆粒も先ほど服用。

******************************************

樋屋奇応丸
http://www.hiyakiogan.co.jp/

ミヤリサン
http://www.miyarisan.com/index.htm

五行草茶
http://www.iskra.co.jp/product/2007/11/post_26.php

勝湿顆粒
http://www.iskra.co.jp/product/2007/11/post_56.php

キョーレオピン/レオピンファイブ
http://www.kyoleopin.jp/index.html?link_id=leopin01

******************************************

取扱店・・・兵庫県相生市 大森薬局
http://www4.ocn.ne.jp/~m-r/

« 次回の英語イベント | トップページ | お花見 »

健康」カテゴリの記事

コメント

うちの子も漢方薬で病気を治したほうがいいのかな?中耳炎になっちゃったら、漢方じゃむり?

>ゆなまま

何でも漢方がいいってわけじゃないんだけどね。
西洋医療だとどうしても対処療法なので、中耳炎に度々なるのに、その都度薬で対応するって形でしょ。
でも根本から治さないと、きっとまたなる。
そういう場合、東洋医学ではその原因を追求し、その根本を自然治癒力で治していき、また中耳炎になるのを予防していく、という感じ。
続けて毎日飲まないといけないのとか、保険が適応されないのとか、即効性がないのが難点かな。

よかったら漢方専門薬局に相談してみてね。
うちの祖母のお店のHPこちら。
http://www4.ocn.ne.jp/~m-r/index.html

 ブログ、拝見させていただきました。 乳児・幼児の頃って、ホント、大変なんですよね。 僕もかみさんも、一人目の時は、相談する相手が親しかいなくて、かなり試行錯誤しました。 全然解らなくて、お尻を拭いたタオルで顔を拭いて、ブツブツだらけになったこともありますし・・・。 大人に効果ある薬が使えない年齢だけに、つきっきりで看病するのが大変ですが、頑張ってくださいね。

>ひろくんさん

コメントありがとうございます。
お尻を拭いたタオルで顔を拭くのはちょっと衝撃的…
でもこうして風邪ひいたり熱を出したりして免疫力をつけて健康になっていくんですよね。
あったかくなってきたのでそろそろ風邪もひかなくなるといいなぁと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17980/40660232

この記事へのトラックバック一覧です: 嘔吐下痢:

« 次回の英語イベント | トップページ | お花見 »