2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 小豆ホットパック | トップページ | TAACOBA »

安産のためのお灸

もぐさを米粒サイズの円錐に成型しておく。
1つのツボに対し、以下の数のもぐさを用意。

妊娠初期:3個、妊娠中期:5個、妊娠後期:7個

現在、私は妊娠7ヶ月で中期なので
5個×ツボ6ヶ所=合計30個

K000

この写真では5個足りてませんが・・・

そしてツボの位置にサインペンで印をつけます。
写真は「三陰交」の場所をとっているところ。

K001_1

妊婦には「三陰交」と「照海」が基本だそうですが
私はむくみがひどいので「湧泉」もやります。

K002

つぼの位置については各自、調べてくださいね。

では、もぐさを印の上にちょこんとのせます。
印につばをつけてあげるともぐさがうまくのります。

K004

お線香に火をつけます。

お線香に灰がついてると、
もぐさがそこにくっついてしまうので
灰皿の上でしっかり灰を落としてから
もぐさの円錐のてっぺんに点火します。

K005

もぐさは熱くなるまで燃やす必要はなく、
燃やしきらないうちにつまんで灰皿に捨てます。

ちょっと指先が熱いですが、慣れます。

そしてしばらく指先はもぐさ臭くなりますが
これはおそらく仕方ないかと。

気をつけないとネイルが焦げたりするので
爪は短く、ネイルはしてないほうがいいみたい。

« 小豆ホットパック | トップページ | TAACOBA »

妊娠・出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小豆ホットパック | トップページ | TAACOBA »