2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ありえない | トップページ | 疲労困憊 »

じゃあ死んでおいてください

金曜日は終電で帰宅。

土曜日は船橋方面なら送ってもらえるということで
西船橋まで送ってもらい、津田沼からタクシーで実家へ。

日曜日は22時に呼び出され、営業が迎えに来てくれて
なんだかんだで車の中で電話対応で済んだとはいえ
最終的に帰宅したのは3時。

月曜は朝から17時まで電話対応。

こないだも愚痴りましたが、
私の上司であるI藤が頭が悪いのです。

あいつのせいで金曜も土曜も遅くなり、
日曜は呼び出され、月曜も電話が鳴り止まず。

「ぼくはどうしたらいいかな」

って36歳にもなって、なんで指示待ちなわけ。
技術力がある程度あったら、それなりに対応できるはず。

「じゃあ私が調べてる間に死んでおいてください。」

って感じです。

しかもどうして何も資料を持って行ってないの。
全部共有サーバに格納してあるでしょう。

どうしてプログラムのSourceCodeも持ってないの。
ほんとに元開発者?障害対応もできないんですか?

「午前中はできたのに、今できないんです」

ってあなたは素人なんですか?
言ってることが新人以下です。
問題の切り分けをしなさい、切り分けを。
とこがボトルネックで、
どこが障害になっているのか見つけなさい。

「エラーが出てないんです」

ってあなたはただのユーザーですか?
あなたはシステム管理者のはず。
ログを見ますよね、普通は。

なんでSQLを1行打つのに20分もかかるんですか?
データベースは分からないのですか?

どうして私が作った手順書を持ってきてないんですか?
自力でできちゃうとでも思ったんですか?
私が全部やるだろうとか思ってたんですか?

資料を持参してて、ある程度の技術力があれば
たとえ客先環境がわからなくても、すぐ対応できたはずです。

資料はすべて用意していたし、
私の引継ぎ不足だなんて絶対に言わせません。

私の3連休を返せ。
私の睡眠時間を返せ。

私の新婚生活を返せ。

« ありえない | トップページ | 疲労困憊 »

English Class」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17980/1486206

この記事へのトラックバック一覧です: じゃあ死んでおいてください:

« ありえない | トップページ | 疲労困憊 »